注文住宅 価格

注文住宅の価格の相場

建築士やハウスメーカーに設計を依頼し、施工会社に建築してもらう住宅のことを注文住宅と言います。

 

 

 

注文住宅は、条件をクリアすれば、基本的には、間取り、工法、設備、内装、外装などを自由に選ぶことが可能です。

 

 

 

壁紙やドア、色まで細かく選ぶことができ、希望通りの家に仕上げることができるのです^^

 

 

 

一般的に注文住宅の場合は建売住宅より高くなると言われています。

 

 

 

設計費はもちろん、建材なども全てゼロからしていく関係でどうしてもコストはかかってしまうのです。

 

 

 

建売住宅の場合はそれらをまとめて仕入れるから価格を抑えることができると言われています。

 

 

 

ですが注文住宅であっても、グレードや設備のランクを落としたりしてコストを抑えることは可能です。

 

 

 

ただし、設計や施工の段階でオプションを沢山付けたりしていると、あっという間に予算オーバーになってしまうということもあります^^;

 

 

 

 

注文住宅はどこで建てるのかによっても価格は大きく異なりますし、設備や仕様の違いによって変わってきますから、一概に言い切ることはできませんが、

 

 

 

注文住宅の価格の相場としては2000万円前後といったところでしょうか。(もちろん、大きさや装備によっても変わってきます)

 

 

 

大手ハウスメーカーで建てる場合は、おおよそ3000万円前後といったところでしょうか。

 

 

 

 

ローコスト住宅なら、1500万円前後でもそれなりに建てることはできると思いますが、とにかくこだわりたいのなら2000万円以上ぐらいはみておいた方が良いかと思います。

 

 

 

 

ちなみに坪単価は、大手ハウスメーカーだと70万〜80万円、工務店やローコスト系のハウスメーカーなら、40万〜55万円程度が目安になっているようです^^

 

 

 

当サイトでは、実例も含めて、注文住宅の価格や相場、どれぐらいの値引きが可能なのかについて紹介していきたいと思います

注文住宅の価格の実例を紹介

注文住宅は、希望の外観や間取りなどを注文して造り上げていく住宅なので同じ坪数であっても価格はあまり参考になりません^^;

 

 

 

そして土地の形、大きさ、エリア、設備や仕様によっても価格は数百万円〜数千万円近く変わりますし、工務店、設計事務所、ハウスメーカーのどこで建てるのかによっても価格は大きく変動します。

 

 

 

実際に注文住宅で建てた方の金額をチェックしてみると、同じ坪数であっても金額はバラバラなのが正直な所です^^;

 

 

 

いくつか注文住宅の価格の実例を紹介してみたいと思います^^

 

 

 

@大和ハウスで注文住宅で建てられた方の価格

 

 

36坪で値引きが300万円程度あり、金額は約2400万円。

 

 

 

外構やカーテン、照明などを含んでおり、標準からオプションにいくつか変更し、太陽光も3キロワット付けたそうです。

 

 

 

ちなみに商品はジーボEです。※この場合ですと、坪単価は約66万という計算にないます。

 

 

 

A積水ハウスのシャーウッドで注文住宅を建てられた方の価格

 

 

 

延べ床面積は40坪で、建物本体価格は、全て込みで約3000万円。

 

 

 

太陽光やオプションについての詳細は記載されていませんが、この坪単価は約75万円という計算になります。

 

 

 

B地元の工務店で注文住宅を建てられた方の価格

 

 

 

延べ床33坪で約1500万円。

 

 

 

設備や仕様などに関しての詳細が記載されていませんし、どこまで含まれた価格なのか不明ですが、この坪単価は約46万円という計算になります。

 

 

 

 

C地元の大工さんに直接注文住宅を頼まれた方の価格

 

 

 

延55坪で、建物の価格は約3500万円。

 

 

 

この坪単価は約64万円という計算になります。

 

 

 

この価格とは別に土地代が約2000万円、、ちなみに二世帯住宅を建てられた方の情報です。

 

 

 

一般的に注文住宅の場合は建売住宅より高くなると言われていますが、

 

 

 

どこで建てるのかによっても価格は大きく異なりますので、注文住宅の価格は参考程度にされておくといいかと思います。

 

 

 

下記で紹介しています、「タウンライフ家づくり」では、ハウスメーカーや工務店の総額表や間取りプランが各会社ごとに自宅にいながらもらえます。(資料請求+自分にあった間取りがもらえるという感じです)

 

 

全て無料ですので、これからいろんなハウスメーカーや工務店の価格などが知りたい方にもおススメのサービスです。

 

 

こちらからどうぞ↓

 

 

 

注文住宅の価格を比較

上記でも、記載した通り、実際に注文住宅で建てた方の金額をチェックしてみると、同じ坪数であっても金額はバラバラです^^;

 

 

 

 

同じ坪数なのに、2500万円以内に収まったという方もいれば、4000万円近い金額だったという方もおられます。

 

 

 

注文住宅は、希望の外観や間取りなどを注文して造り上げていく住宅なので同じ坪数であっても価格はあまり参考になりません^^;

 

 

 

そして土地の形、大きさ、エリア、設備や仕様によっても価格は数百万円〜数千万円近く変わります。

 

 

 

家づくりの依頼先には工務店、設計事務所、ハウスメーカーがあり、どこで建てるのかによっても価格は大きく変動します。

 

 

それぞれ特徴をかんたんに比較してみると、下記の様になります。

 

 

@工務店
工務店で建てる場合は様々な経費をカットできる分コストを抑えられると言われています。ハウスメーカーなどのように宣伝費や広告費などにお金をかけていない分、知名度はありませんが、その分価格を抑えることができます。

 

 

 

A設計事務所
予算内で最良プランを提案してくれます。
低予算の場合は出来るだけコストを下げるなどの工夫もしてくれます。

 

 

 

Bハウスメーカー
CMや宣伝費やモデルルームの維持費、人件費などが価格に上乗せされており価格は高いと言われています。
ハウスメーカーで標準仕様からオプションに変更すると驚くほど金額は高いので、いかに標準仕様で抑えるかがコストを抑えるポイントとなります。

 

 

 

注文住宅の価格を比較する場合は、1社だけではなく、複数社で見積もりを取り比較させることも重要です。

 

 

 

また複数社で見積もりを出してもらうと、この価格が妥当なのかという見分けもつくと思います(* ̄ー ̄)

 

 

 

比較するには、本当にこの「タウンライフ家づくり」が便利で自信を持っておススメします。

 

 

完全無料↓

 

注文住宅で価格交渉はあり?

注文住宅は、条件をクリアすれば、基本的には、間取り、工法、設備、内装、外装などを自由に選ぶことが可能で、壁紙やドア、色まで細かく選ぶことができ、自分の理想通りの家づくりができるということが大きなメリットではないかと思います。

 

 

 

当然ですが、一般的に注文住宅の場合は建売住宅より高くなると言われています。

 

 

 

注文住宅の価格交渉においては様々な意見がありますが、価格交渉を行う場合は最初に予算は伝えておいた方が良いと思います。

 

 

 

 

『値引きして下さい』と言うより、予算を伝えておいた方が予算内でおさまるようにと、予算のオーバー分を値引きしてくれたりと価格交渉もスムーズに進みます。

 

 

 

 

注文住宅の場合はゼロから造りあげていくものなので、当然プランや仕様によって価格が大きく変動します。

 

 

 

 

注文住宅には定価がありませんし、プランや仕様などによって販売価格が決まっていくものですから、価格がはっきりしていない段階からの価格交渉はありえないのです^^;

 

 

 

 

すでにグレード、部材も決まっているのである程度の価格交渉は危険ではないと思いますが、全て決まっていないと、部材の質を下げて調整されたりする可能性は否定できませんからね^^;

 

 

 

 

そして注文住宅の場合、建売住宅と違い値引き出来る物自体が少ないと言われています。

 

 

 

注文住宅の場合は多少の価格交渉はありだとは思いますが、無理な価格交渉はあまりお勧めできません^^;

 

 

 

それでも、値引き交渉はしたいですよね?

 

 

 

注文住宅の価格値引き交渉方法を下記にまとめてみましたので、参考にしてくださいね♪

注文住宅の価格からの値引き交渉方法

建売住宅の場合は、売れ残っている物件だったり、何か訳ありな事情があると値引き交渉に非常に有利だと言われていますが、

 

 

 

注文住宅は建売住宅とは異なり、値引きは期待しない方がいいと言われています。

 

 

 

注文住宅は建築士やハウスメーカーに設計を依頼し、施工会社に建築してもらう住宅のことで、条件をクリアすれば、間取り、工法、設備、内装、外装などを理想通りに注文して建ててもらうことができます。

 

 

 

ですので、注文しておいて値引きを要求するのは、本来、非常に難しいと思います^^;

 

 

 

 

注文を受けてこれから造るものを値引きすると、施工側の利益が減ってしまうわけですから注文住宅においては基本的には値引きは無いと思っておいた方がいいですよ。

 

 

 

 

価格がオーバーしているのなら、仕様の変更を下げるか、最初から総予算を伝えておきその範囲内で収まるものを造ってもらうという手段もあります。

 

 

 

しかし、実際は注文住宅であっても高額な値引きに応じてくれるところがあるのも事実です。

 

 

 

大手ハウスメーカーでは他社と競わせると結構値引きしてくれることも多いのです。(なぜなら、大手ハウスメーカーはノルマがあるからです。)

 

 

 

ただし、注意しておきたいのは、高額な値引き額だからといって決してお得だとは限りません!

 

 

 

最初の見積もり額に値引き分を上乗せしておき、値下げ出来るように見積もりを作っているということも充分に考えられますし、その価格にするために、使用する部材のランクを落とす、設備のランクを落とすという可能性もあります。

 

 

 

相手もプロですから値引きに応じてくれても、自分たちの儲けはちゃんと確保していると思います^^;

 

 

 

最初からは、ガツガツと値引き交渉しない方が無難です^^;

 

 

 

ポイントは、注文住宅では、値引額に惑わされずに総費用で比較し検討なさって下さいね(* ̄ー ̄)

 

 

 

下記のタウンライフでは、無料で各会社の総額や間取りがもらえます。

 

 

値引き交渉の際にも、他社の値段を知っておくだけでも絶対に有利ですので、資料請求しておいて損はしませんよ♪

 

 

タウンライフで資料請求するのに向いている人

 

●ハウスメーカーや工務店の間取りプランや総額表が欲しい

 

●気になるハウスメーカーはあるけれど、展示場に行くのは面倒。。

 

●注文住宅を建てる流れを掴めていない

 

●来年の消費税あがる前に、そろそろ動き出したい

 

●まだ何も考えてないが、とりあえず資料がほしい

 

●値引き交渉に使いたいので、他ハウスメーカーの総額表もほしい
etc...

 

 

などなど、一生に一度の大きな買い物ですので色々な悩みなどもあると思います。

 

 

失敗しないで家を建てるには、ハウスメーカーごとの構造や価格、間取りなどが異なるため、まずは資料請求であなたのイメージにあった住宅を建ててくれそうなところを探すのがベストです。

 

 

「タウンライフ家づくり」では、それが可能です。1度の入力(約2〜3分)で、各ハウスメーカーの資料請求が無料できるため、忙しい方にも人気のサービスです。

 

 

本日現在、累計112万人の方に利用されているのも信頼の証ですね

 

さらに、今なら、「成功する家づくり7つの法則」の小冊子も貰えます

 

下記のバナーで公式ページへ移動します↓

 

 

●ハウスメーカーと工務店から資料がほしい方はコチラ↓

 

 

●大手のハウスメーカーのみ資料がほしい方はコチラ↓

 

page top