注文住宅 建売住宅 比較

注文住宅と建売住宅を比較

家を買うのはほとんどの人にとって人生最大の買い物です。

 

 

 

そんな夢のマイホームを購入するにあたって注文住宅と建売住宅について考えてみましょう。

 

 

 

 

まず注文住宅とはどんなものかと言いますと、基本的にはオーダーメイドの家だと思って下さい。

 

 

 

 

土地を用意してそこに自分の理想の家を作り上げていくのです。

 

 

 

 

 

自分の予算との兼ね合いもあって完全に思い通りの家を建てられるわけではありませんが、自由度はかなり高くなります。

 

 

 

 

 

こだわりたい部分はとことんお金をかけることもできます。

 

 

 

 

 

家を立てる土地も自分で購入するので売地がありさえすれば好きな地域に住むことが可能です。

 

 

 

 

次に建売の住宅についてです。

 

 

 

 

 

建売というのは既に建築が住んでいる住宅を購入することです。

 

 

 

 

注文住宅と違い既に建っている家を買うわけですから土地もセットになります。

 

 

 

 

 

建売の住宅は注文住宅と比較すると自由度はありません。

 

 

 

 

 

しかし、値段は少し抑えられていますし誰でもそれなりに住みやすい間取りとなっています。

 

 

 

 

 

自分の好みを詰め込みすぎて住みにくい家が完成してしまうなんてトラブルはありません。

 

 

 

 

さて、このような特徴がある注文住宅と建売住宅ですが比較すると値段にも差が出てきます。

 

 

 

 

基本的に同じような家を建てた場合には注文住宅の方が高くなります。

 

 

 

 

 

その理由としてオーダーメイドだということが挙げられます。

 

 

 

 

 

注文住宅はある程度顧客の要望を取り入れて家を設計していきます。

 

 

 

 

 

つまり毎回設計をオリジナルでしていくわけです。

 

 

 

 

 

当然そこには費用がかかってきますし、設計が違えば必要な材料も違いますから必要なものを揃えていく必要があります。

 

 

 

 

 

一方で建売住宅は設計が同じ家を複数建てるといった方法で設計のコストを下げています。

 

 

 

 

 

また建材についても同じものを複数利用できますのでコストダウンにつながっています。

 

 

 

 

 

更になるべく必要な建材の数を減らし作業工程を削るような設計をしている場合も多く、あらゆる面でコストダウンを行っています。
小さな工夫でも数を重ねることで大きな価格差に繋がっています。

 

 

 

 

注文住宅 価格|相場や値引き情報のTOPページでは、無料で各ハウスメーカーなどの資料や間取りプランがもらえる「タウンライフ家づくり」を紹介しています。おススメです。