注文住宅 流れ

注文住宅の完成までの流れ

注文住宅とは、家を建てたい人が、自分の希望する家を、ハウスメーカーに注文して建てる住宅のことです。もちろん、住みたい家は人それぞれ違いますから、注文住宅の完成までの流れはそのケースによっても異なりますが、ほとんどの場合は、まず、家を建てるための土地を用意し、どのハウスメーカー(あるいは大工さん、建築事務所など)に注文するかを決めることから始まります。(建築条件付きの土地の場合、土地を買う時から家を建てる業社が決まっている場合もあります。)

 

 

 

ハウスメーカーを決めるのには、インターネットや新聞の折り込みチラシなどからも情報を得られますが、やはり実物を見るのが一番です。そのため、モデルハウスを見に行って決める場合が多いです。

 

 

住宅展示場などでは、多数の住宅メーカーのモデルハウスがあるので、複数の住宅メーカーを比較して選ぶことができます。

 

 

ハウスメーカーに、どんな家にしたいか自分の希望を話すと、間取りと大まかな見積もりを出してくれるので、複数のハウスメーカーに見積もりを出してもらって比較することも出来ます。

 

 

同じ間取りでも、ハウスメーカーによって建築方法もコストも変わってきます。

 

 

どのハウスメーカーに注文するか決まると、多くの場合、担当の営業マンと、担当の建築士がつきます。

 

 

その後は、家を建てる人と、営業マン、建築士とで何度も打ち合わせをして間取りを決めていきます。

 

 

そして、ほとんどの場合、間取りが決まった時点で契約となります。

 

 

注文住宅の完成までの流れの中で、費用をいつ支払うのか、というのは重要なポイントです。契約時に何割、完成途中で何割、完成時に何割、というように何度かに分割して払い込むのが普通ですが、その割合はハウスメーカーによっても違うので、契約するまでにきちんと確認しておくとよいでしょう。

 

 

 

間取りが決まってから、家の建築にかかると同時に、キッチン、風呂、トイレなど細かい部分までの仕様を決めていきます。

 

 

 

家が完成するまでの期間は、そのハウスメーカーの工法によって差がありますが、

 

 

半年くらいの場合が多いです。

 

 

注文住宅 価格|相場や値引き情報のTOPページへ戻る