注文住宅 メリット デメリット

注文住宅のメリットとデメリットについて

憧れのマイホームを購入するとき、注文住宅にするか建売住宅にするか迷う方も多いようです。人生の中でも非常に大きなイベントでもあるマイホーム購入なので、やはり満足度の高さを追求したいならば注文住宅に勝るものはありません。

 

 

 

注文住宅は、その名の通り、施主や家族の「オーダーメード」で家が建てられるのが一番の魅力です。

 

 

 

外観はもちろんのこと、間取りや設備などで自分たちの理想を追求できる点は、建売住宅では絶対に味わえない満足感を得られる注文住宅ならではの贅沢であり醍醐味です。

 

 

 

その分、建売住宅に比べて建築コストは高くなりがちですが、こだわりのある部分など費用を掛けるところは費用をかけて、特に気にならない部分ではグレードを下げるなどカットできる部分でコストを下げるなどの自由度も高い点から、建築コストのバランスをとることも可能です。

 

 

 

さらに施主の希望に合わせた最適な構造・構法を設計段階で選べるのも大きな魅力ですね。

 

 

 

また建売住宅はすでに建築されている物件なので、目に見えない内部や材質などをチェックすることができない点で不安が残ります。

 

 

 

万が一、その建売住宅が欠陥住宅だった場合にどれだけ大変になるかは想像を絶するものがあります。その点、一から家を建てていく注文住宅の場合は材料選びも自分たちが参加でき、建築途中にも訪れてその過程を確認・チェックすることができるのも安心です。

 

 

 

反面、注文住宅のデメリットも確かにあります。

 

 

 

まず、費用の点で建売住宅とは異なり、工事費とは別に設計料がかかります。また、完成した建物やその内部を実際に見ていないため、完成後にイメージと違ったなどの誤差などが生じることがあるのも注文住宅の性質上仕方がありません。

 

 

 

でもこれらのデメリットを差し引いても、施主や家族の希望や要望を大きく反映でき、満足度の高い理想に近いマイホームを建てられる注文住宅のメリットや魅力は余りあるものです。

 

 

 

マイホームを購入するなら、理想を実現できる注文住宅をお勧めします。

 

 

 

注文住宅 価格|相場や値引き情報のTOPページへ戻る