住宅ローン 頭金

頭金なしで住宅ローンを組んだらどうなる?

住宅を購入する際、多くの人が住宅ローンを利用する事になります。

 

 

この時、自己資金として用意出来る現金を頭金といいます。

 

 

平均的な頭金は、物件価格の約2割から3割と言われていますが、勿論用意出来る頭金が多ければ多いほど毎月の返済は楽になります。

 

 

しかし、最近では頭金ゼロで住宅ローンを組む人の数が非常に増加しています。

 

 

また、銀行や不動産業者でも、まるで頭金ゼロで住宅ローンを組むこと推奨しているかのような広告さえあります。

 

 

頭金ゼロで住宅ローンを組むメリットは、自己資金の準備出来ない若い世代や年収の低い世帯でも、住宅を購入出来る事にあるでしょう。

 

 

賃貸料を払いながら、頭金を貯めるのは時間がかかるため、頭金なしで住宅ローンを組み早くにローンを返し終わり、老後に備える方が賢明だという考え方もあります。

 

 

しかし、毎月の返済額の設定に無理がなく、毎月順調に返済する事が出来ているうちはいいですが、例えば事故や病気、またリストラや減給などの思いがけない事態が起こった場合、頭金がゼロや少ないケースでは後々住宅ローンを支払えなくなり、最悪の場合住宅を手放さなければならない事もあります。

 

 

頭金がゼロや少ない場合は、住宅を手放してもローンが残ってしまう確率もかなり高くなってしまいます。

 

 

他にも、頭金がゼロや少なすぎる場合は、ローンの金利も高くなってしまいます。

 

 

このように、頭金がない場合メリット以上に、万が一のリスクは大きいという事も覚えておかなければなりません。

 

 

注文住宅 価格|相場や値引き情報のTOPページへ戻る